自由な働き方がしたい!!

自由な働き方ならフリーランス、ノマド、派遣のどれが良い?

フリーランスとノマドの違いは?自由な働き方では派遣もあり?

フリーランスとノマドの違いは?自由な働き方では派遣もあり?
Pocket

派遣社員の働き方

派遣社員は雇用が不安定という印象が強い人は多いでしょう。 確かに人員削減を行う場合、真っ先に対象になるかもしれません。 しかし、そもそも派遣社員は1つの会社に対して3ヶ月(目安)の契約更新で、同じ職場で長く勤めるケースは少なめ。自由に働きたい方は1つの会社に強くこだわる必要はなく、派遣社員を視野に入れるのも良いかもしれません。 派遣社員は、人材派遣会社と労働者が雇用契約を結び、ほかの会社に派遣され仕事をする雇用形態。 人材派遣会社を「派遣元」、派遣される会社を「派遣先」と呼びます。 派遣先とは3ヶ月、6ヶ月など一定期間を目安とした労働契約が交わされ、労働者・派遣先ともに契約更新するかどうかを決めることが可能です。社会保険にも加入できます。 給料は派遣元から支給される仕組み。毎月一定額の収入を得られます。 製造、事務といった誰でもできる仕事から、通訳、SEなど専門性の高い仕事まで幅広い業種を選べるのが特徴。 派遣時は即戦力を求められがちですが、それでも幅広い分野の仕事ができるといえるでしょう。 更新時に別の職場で同じ内容の仕事を続けることもできますし、新しい業務に触れることもでき、自由さを求める方にとっては検討の余地に入る働き方といえるのではないでしょうか?

フリーランスの働き方

フリーランスは特定の企業に属さず、1つの仕事ごとに直接企業や個人と契約をして収入を得ます。 1件あたりの単価は契約ごとに違い作業時間も異なるため、契約内容やスケジュールによっては1ヶ月あたりの収入が大きく変動することも。 高い単価で仕事を請け負えるかどうかは自分のスキル次第。 仕事を獲得するには、自分から人脈を広げたり、企業に自分を売り込んだり、SNSなどを駆使したりする必要があります。 会社・個人から信頼を得て契約を結ぶには一定以上のスキルや経験も必要で、いきなりフリーランスとして独立するのは難しいかもしれません。 業務や打ち合わせをする場所は、自宅やカフェなど自由な場合があるほか、契約内容によっては契約先のオフィスに一定期間通うことも。 自分の仕事の請け負い方による部分が大きいと言えますが、自由にワークスタイルを選んで働けるといえるでしょう。

ノマドの働き方

ノマドとは元々「遊牧民」という意味。 近年は「時間や場所にとらわれないワークスタイル」という意味で使われ、この自由な働き方をしている人は「ノマドワーカー」と呼ばれます。 一見フリーランスと同じと思うかもしれませんが、上記でご紹介したようにフリーランスは契約次第で「同じ時間・場所へ通勤して働く」ケースも存在。 ノマドの基本スタイルはフリーランスと同じではありますが、完全に時間・場所にとらわれることなく働けるという違いがあります。 国内に留まらず、インターネットなどの通信環境さえあれば海外でも仕事の受注・作業・納品することが可能です。外注業務や打ち合わせなども、オンラインで完結。 中には旅をしながら仕事をするという人もいるようです。 しかし、好きなときに仕事ができそれによって収入が変わる分、仕事と休みのメリハリをつけづらくなってしまいます。 また、現在の日本では比較的新しい働き方のため、社会的な信用度が低いそう。 自己管理が徹底できるか、自分のスタイルを貫き通せるかといった部分をよく考えて進むべき道かもしれません。 このように、会社員以外にも働き方は多数存在します。 自分がどんなスタイルで働きたいのか、よく検討して選ぶと良いでしょう。

読み忘れていませんか?

自由だからこそ得られるメリットが多い! 自由だからこそ得られるメリットが多い!
働く人が知りたい派遣のメリット・デメリット

自由な働き方として選択肢に挙がる派遣社員。今回は派遣社員のメリット・デメリットを解説し、どんな人が派遣に向いているかを考えます。これからの働き方に迷っている人、自分にどんな働き方が合っているのか模索している人におすすめな内容です。もっと読む